プロフィール

藤原一枝

1945年、のどかな愛媛県松山市に生まれ育つ。
小・中学生の4年間を北海道留萌市に暮す。
瀬戸内海や北海道の山野で遊びつつ,小学校時代から医師を目指していた。
愛媛県立松山南高等学校・国立岡山大学医学部卒業。
旧姓・三上。

大学卒業後は上京し,1971年に小児科医となり、
日赤中央病院(現・日赤医療センター),
国立小児病院(現・成育医療センター)を経て,
1974年から東京都立墨東病院に小児脳神経外科医として、長く勤務する。

1999年秋から、『藤原QOL研究所』代表。

誕生から死までの人間の暮らし全般について考える時間を確保した。
食育とコミュニケーションこそ,育児や義務教育の基本であるという立場で,
著述・講演を引き受ける。
生命科学の総合雑誌『ミクロスコピア』編集同人。
『いのちと芸術の集い』を、1989年から毎年カザルスホールで開催する
「ホモ・ルーデンスの会」を主宰。

絵本の作品に
雪のかえりみち』(岩崎書店/平成13年度児童福祉文化賞)、
まほうの夏』(岩崎書店)、
湯めぐり一番 道後の温泉』(藤原QOL研究所)、
ちょうかいちょうのキョウコちゃん』(偕成社)。
著書に
『おしゃべりな診察室』(講談社)、
『医者も驚く病気の話』(平凡社)、
『堺O-157 カイワレはこうして「犯人」にされた!』(悠飛社)、
『20世紀のすてきな女性たち 第3巻』(岩崎書店)などがある。